株式会社日本海洋生物研究所

株式
会社

底質

分析方法

 当社では、海域や河川等の底泥の粒度組成やCOD、強熱減量、硫化物などの一般項目の分析に加え、含有量試験、溶出試験なども行っています。また、魚類や海藻類などの生物体に含まれる炭素、窒素、リンの現存量の測定も可能です。分析方法は基本的に公定法に従います。

 環境中の炭素、窒素、リンの測定は水域の物質循環を生態系モデルで定量的に評価する際に必要不可欠です。また、重金属類や、さまざまな化学物質は、環境中の濃度が低い場合でも食物連鎖の生物濃縮を経て、人の健康に直接係わって来ます

個別の分析項目については、お問い合わせください。