株式会社日本海洋生物研究所

株式
会社

DNA

解析方法

 当社が行うDNAを用いた解析は、DNAバーコーディング解析と環境DNA解析に大別されます。前者は形態同定が困難な個体の組織片などから種を同定する技術です。後者は、1回の分析で多種を同時検出する網羅的解析と特定の生物を対象に在・不在を判定する種特異的解析に分けられ、いずれも環境水中に存在している生物由来のDNA断片を元に分析する技術です。従来から行われている一般的な調査では、現地に行き、作業を行う必要があるため、現地の状況等により調査が困難な場合がありました。一方、環境DNAを対象とする調査では、現地の水を一定量採取するのみとなるため、現地作業は簡便となり、環境への負荷も少ない手法といえます。しかしコンタミネーションの可能性や、使用するプライマーなどにより複数種が該当するなど、結果の解釈には専門的な知識が必要となります。

 当社はDNA解析と生物分析などの知識や経験を組み合わせ、確度の高い生物相の把握に資する情報を提供します。