株式会社日本海洋生物研究所

株式
会社

HOME | 研究成果 | 研究成果 1990年

研究成果 ―1990年

(アンダーラインは当社研究員)

【論文等】

  • 鋤崎俊二・辻 義人・長沼 毅・池本栄子・堀田 宏:深海底泥中における微生物の動態−分布特性及び呼吸速度−.海洋科学技術センター試験研究報告,JAMSTEC R,23:1−15.
  • 鋤崎俊二:深海底で生息する微生物の話.JAMSTEC,2(4):17−23.
  • 辻 正明・中根 徹:内浦湾奥部の栄養塩等の鉛直分布に及ぼす短周期内部波の効果.公害,25(5):33−45.

【学会等】

        • 鋤崎俊二・辻 義人・池本栄子:駿河湾深海底泥中における微生物の増殖速度.第6回「しんかい2000」シンポジウム報告書,JAMSTEC DEEPSEA RESEARCH,225−232.
        • 長沼 毅・池本栄子・鋤崎俊二・辻 義人・堀田 宏:沖縄トラフ熱水活動域における化学合成細菌.第6回「しんかい 2000」シンポジウム報告書,JAMSTEC DEEPSEA RESEARCH,123−128.
        • 長沼 毅・池本栄子・鋤崎俊二・辻 義人・堀田 宏:表層から漸深海層における細菌現存量の鉛直分布.第6回「しんかい 2000」シンポジウム報告書,JAMSTEC DEEPSEA RESEARCH,221−224.
        • Naganuma T.,E. Ikemoto,S. Sukizaki,Y. Tsuji and H.Hotta : Vertical distribution of Bacterial Abundance in the North West Pacific Ocean. Journal of the Oceanographical Society of Japan, 46(3) : 107−110.
        • Naganuma T.,E. Ikemoto,S. Sukizaki,Y. Tsuji and H. Hotta : Sulfur bacteria orginating from the water and organisms in a hydrothermally active area of the mid-Okinawa trough. Journal of the Oceanagraphical Society of Japan, 46(3) : 111−117.
        • 鋤崎俊二・辻 義人・長沼 毅・池本栄子:深海底泥中の微生物の分布と現存量.日本海洋学会春季大会.
        • 池本栄子・長沼 毅・辻 義人・鋤崎俊二・堀田 宏:「しんかい 2000」による微生物現存量の鉛直分布調査.日本海洋学会春季大会.
        • 長沼 毅・池本栄子・鋤崎俊二・辻 義人・堀田 宏:沖縄トラフ熱水噴出域の化学合成細菌,日本海洋学会春季大会.
        • 鋤崎俊二・辻 義人・長沼 毅・池本栄子・大塚 清:駿河湾における懸濁物質と微生物の鉛直分布.第 16 回海洋技術センター研究発表会.
        • 鋤崎俊二・辻 義人・池本栄子・長沼 毅:深海底泥中から分離した微生物の加圧培養時における増殖応答.第7回「しんかい 2000」シンポジウム.
        • 辻 義人・鋤崎俊二・池本栄子・大塚 清:駿河湾におけるマリンスノーの鉛直分布測定(クリアサイト法).第7回「しんかい 2000」シンポジウム.
        • 黒川 治・辻 正明・桑原健作:多項目水質測定装置の検定結果.日本海洋学会秋季大会.
        • 城戸勝利・渡辺康憲・田中三郎:高水温下のブリとマダイの致死溶存酸素量と呼吸量.日本水産学会春季大会.
        • 和田直己・福永純治・小山利郎:内湾における海藻類の栄養塩類同化特性.日本水産学会春季大会.