株式会社日本海洋生物研究所

株式
会社

HOME | 研究成果 | 研究成果 2021年

研究成果 ―2021年

(アンダーラインは当社研究員)

【論文等】
  • 平岡礼鳥 :コスジエボシが着生したナンヨウスナガニのメガロパ幼生.Cancer(in press).
  • 工藤孝浩・山田和彦・三井翔太・門田高太・瀬能 宏:三浦半島南西岸魚類目録.神奈川自然誌資料(in press).
  • Machida R.J.,H.Kurihara,R.Nakajima,T.Sakamaki,Y.Y.Lin,K.Furusawa:Comparative analysis of zooplankton diversities and compositions estimated from complement DNA and genomic DNA amplicons,metatranscriptomics,and morphological identifications. ICES Journal of Marine Science,doi:10.1093/icesjms/fsab084.
  • 宮向智興・市川哲也・赤司有三・田崎晶・鈴木輝明・田中義人:ヒトエグサ(Monostroma nitidum)養殖漁場の生産性低下に関連する栄養塩濃度変化について.沿岸域学会誌,34(1):15-24
  • Okanishi,M.,H.Kohtsuka,M.Kaneko and S.Mitui:Overlooked biodiversity of brittle stars from the Upper Pleistocene of Japan: descriptions of fossil ossicle assemblage in Indo-West Pacific. Historical Biology. doi:10.1080/08912963.2021.2000975(in press).
【学会等】
  • 荒川純平・宮脇大・長谷川圭輔・曽根亮太・鈴木智博・矢澤孝・石田俊朗・田崎智晶・小杉知佳・林 正能・田口浩一・市川哲也・栗田貴代:海底泥からの硫化物の発生と鉄剤による抑制の可能性について.海洋理工学会令和3年度春季大会.
  • 三井翔太:キンメダイの胃内容物として得られた耳石の同定.第42回稚魚研究会..
    岡西政典・三井翔太・Chan Chong・川端美千代・小森いづみ・幸塚久典:現生・化石の研究から見えてきた相模湾産クモヒトデ類の自然史と環境指標生物としての応用の可能性.第92回日本動物学会オンライン米子大会.
  • 岡西政典・三井翔太・川端美千代・小森いづみ・幸塚久典:相模湾周辺の現生・化石クモヒトデ類の検討~自然史の解明にむけて~.第17回棘皮動物研究集会.
  • 岡西政典・三井翔太・幸塚久典・金子稔:神奈川県横須賀市馬堀の上部更新統横須賀層より産出したクモヒトデ骨片化石.日本古生物学会2021年年会.