HOME > 業績 > 研究成果

研究成果





1987

(アンダーラインは弊社社員)

【論文等】

  • 中田喜三郎・中根 徹:三河湾におけるプランクトンの呼吸速度.公害,22.
  • 大屋二三:タイドプールにおけるアシナガモエビモドキ(Heptacarpus futilirostris)の成長,胃内容物,寄生虫と繁殖生態(英文).Mar.Biol.,96.
  • 鈴木輝明・石井克也・今尾和正・松川康夫:富栄養化した内湾における植物プランクトン生産と摂食圧に関するボックスモデル解析(英文).J.Oceano.Soc.Japan,43.

【学会等】

  • 平川和正・Cardenas G.E.:パタゴニア・フィヨルドに移植・放流されたシロザケ(Oncorhynchus keta)幼魚の餌料環境.日本海洋学会秋季大会.
  • 平川和正:パタゴニア・フィヨルド水域から採集された浮遊性かいあし類,特に北太平洋産種の発見について.第 10 回極域生物シンポジウム.