HOME > 業績 > 研究成果

研究成果





2019

(アンダーラインは弊社研究員)

【論文等】

  • 橋本旬也・石井裕一・山崎孝史新井宏明中西敏之・和波一夫:多摩川河口干潟の底生動物による水質浄化機能の評価.水環境学会誌,42(5):231-237.
  • 平岡礼鳥・奥俊輔・亭島博彦:リアルタイムPCRを用いたカタクチイワシ卵の定量検出.DNA多型, 27: 9-12.
  • Hiraoka, R., T. Komai and S. Tsuchida: A new species of Alvinocaris (Crustacea: Decapoda: Caridea: Alvinocarididae) from hydrothermal vents in the Izu-Bonin and Mariana Arcs, northwestern Pacific. Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom, 1-10.

【学会等】

  • 草野朱音・小松伸行・舩木修:根岸湾内の貧酸素化に及ぼす根岸湾外(東京湾)の水塊構造の影響. 2019年度水産海洋学会研究発表大会.
  • 平岡礼鳥宮向智興今尾和正・髙倍昭洋・鈴木輝明:伊勢湾奥部における環境DNA分析による水産重要エビ類3種(クルマエビ、ヨシエビ、シバエビ)の検出.日本DNA多型学会第28回学術集会.
  • 村田真一・平岡礼鳥・西原昇吾・苅部治紀・北野忠:国内希少野生動植物種マルコガタノゲンゴロウを対象とした環境DNA分析による検出の試み.日本生態学会第66回大会.