HOME > 業績 > 研究成果

研究成果





2003

(アンダーラインは弊社社員)

【論文等】

  • 藤田大介・新井章吾・村瀬 昇・田中次郎・渡辺孝夫・小善圭一・松村 航・長谷川和清・千村貴子・佐々木美貴・松井香里:氷見市虹が島周辺のガラモ場の垂直分布,生産構造および葉上動物相(Vertical distribution,productive structure and epifauna of Sargassum forests in the Vicinity of Abugashima Island,Himi,Toyama Bay).富山県水産試験場研究報告,14:43-60.
  • 今尾和正・鈴木輝明・浮田達也・高倍昭洋:底生動物の出現動向から見た人工干潟の効果評価.水産工学,40:29-38.
  • Kaneko, K. and M. Omori : Diel and tidal migrations and predator-prey relationships of macrobenthic animals in intertidal sandy beaches of Sendai Bay, northern Japan. Benthos Research, 58 : 43-49.
  • 金子健司今尾和正大塚正純・吉田裕之・島本信夫 : 構造物に形成される底生生物群集に関する研究 I. 群集の遷移. 水産工学, 40 : 115-124.
  • 鈴村昌弘・國分治代・伊藤 学 : 東京湾における堆積物−海水間のリンの挙動. 海の研究, 12(5) : 501-516.
  • Tsuda, A., S. Takeda, H. Saito, J. Nishioka, Y. Nojiri, I. Kudo, H. Kiyosawa, A. Shiomoto, K. Imai, T. Ono, A. Shimamoto, D. Tsumune, T. Yoshimura, T. Aono, A. Hinuma, M. Kinugasa, K. Suzuki, Y. Sohrin, Y. Noiri, H. Tani, Y. Deguchi, N. Tsurushima, H. Ogawa, K. Fukami, K. Kuma and T. Saino : A mesoscale iron enrichment in the Western Subarctic Pacific induces a large centric diatom bloom. Science, 300 : 958-961.

【学会等】

  • Han, D-H., K. Watanabe, T. Odate, T. Hirawake and M. Fukuchi : 「しらせ」航路に沿った南大洋インド洋区における植物プランクトン種の現存量と分布(Abundance and distribution of selected phytoplankton species along the cruise track of R/V SHIRASE in the Indian sector of the Southern Ocean), Abstracts of XXVI symposium on polar biology, 34.
  • 市川忠史・瀬川恭平・亀田卓彦・田中照喜・清沢弘志古澤一思:VPRを用いたゼラチナスプランクトンの観測.2003年度日本海洋学会春季大会講演要旨集,62.
  • 小善圭一・鵜澤 聡・増田篤稔・南雲 保・藤田大介:富山湾深層水を利用した付着珪藻の連続培養.日本珪藻学会第23回研究集会.
  • 鋤崎俊二・油谷正彰・高橋裕一:バラスト水からのプランクトン除去−高速濾過装置の適用可能性−.海洋理工学会平成15年度秋期大会,講演論文集,73-78.
  • 鋤崎俊二:海域環境調査評価,環境影響評価分野,メタンハイドレート資源開発コンソーシアム.平成14年度研究成果報告会.
  • 鈴木光次・日沼 公・齋藤宏明・清沢弘志・才野敏郎・津田 敦:北西太平洋亜寒帯域の鉄散布実験(SEEDS)における植物プランクトン群集の応答2−生物化学的手法による解析−.2003 年度日本海洋学会春季大会,講演要旨集,412.
  • 津田 敦・Philip Boyd・Maurice Lavrasseur・Nelson Sherry・武田重信・齋藤宏明・西岡 純・芳村 毅・野尻幸宏・工藤 勲・久万健志・野入善史・平 陽介・清沢弘志・小埜恒夫・嶋本晶文・青野辰雄・宗林由樹・小川浩史:Introduction of the iron-fertilization experiment in the Eastern Subarctic Pacific(SERIES).2003 年度日本海洋学会春季大会講演要旨集,410.
  • Zielinski, S. and D. G. Lindsay : Metabolic constraints of hydrothermal vent animals. 6th International Marine Biotechnology Conference, 233.

【著書等】

  • 西 栄二郎・加藤哲也・高島和義:14章 環形動物.I.多毛綱.pp.181-189.西島信昇(監修)・西田睦・鹿谷法一・諸喜田茂充(編集):琉球列島の陸水生物.東海大学出版会.pp.1-571.