HOME > 業績 > 研究成果

研究成果





2016

(アンダーラインは弊社社員)

【論文等】

  • 橋口晴穂・中田喜三郎・鈴木輝明・今尾和正・高倍昭洋:貧酸素とそれに伴うマクロベントス群集の消長に関する数値モデルの再現性向上.水産工学,53(1):15-25.
  • Koriyama, M., A. Koga, M. Seguchi and T. Ishitani: Factors controlling denitrification of mudflat sediments in Ariake Bay, Japan. Environmental Monitoring and Assessment, 188: 96.
  • Miki, S., K. Fujimoto., Y. Shigenobu., D. Ambe., H. Kaeriyama., K. Takagi, T. Ono., T. Watanabe., H. Sugisaki and T. Morita: Concentrations of 90Sr and 137Cs/90Sr activity ratios in marine fishes after the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident. Fisheries Oceanography, DOI: 10. 1111/fog. 12182.

【学会等】

  • 橋口晴穂・中田喜三郎・鈴木輝明・今尾和正・高倍昭洋:貧酸素の動態に伴うマクロベントス群集の斃死および加入を考慮した生態系モデルの開発に向けて.平成28年海洋理工学会春季大会.
  • 川合真一郎・黒川優子・松岡須美子・森本佳奈・張野宏也・小林圭吾・野知里優希・近藤秀裕・廣野育生・伏見 浩・神村祐司・赤澤敦司・佐藤哲哉・斎藤 誠・川本智彦・鎮原正治・古橋 洋・小野寺 純・伊藤 暁:クロマグロの健苗育成技術開発研究III.14 クロマグロの仔魚期における数種の酵素活性の日内変動と遺伝子発現量との関係.平成28年度日本水産学会春季大会.
  • 田井梨絵・江里口知己・亭島博彦:東京湾における銅の生態リスク評価.平成28年海洋理工学会秋季大会.