HOME > 業績 > 研究成果

研究成果





2011

(アンダーラインは弊社社員)

【論文等】

  • Isnansetyo A., T. D. Nguyen, M. Seguchi, M. Koriyama and A. Koga: Nitrification Potential of Mud Sediment of the Ariake Sea Tidal Flat and the Individual Effect of Temperature, pH, Salinity and Ammonium Concentration on its Nitrification Rate. Research Journal of Environmental and Earth Sciences, 3(5): 587-599.
  • 金子健司橋口晴穂宮向智興今尾和正・和久光靖・石田基雄・鈴木輝明:三河湾におけるサルボウの初期成長に及ぼす貧酸素の影響.水産工学,48:109-116.
  • 金子健司橋口晴穂宮向智興今尾和正・和久光靖・石田基雄・鈴木輝明:浚渫窪地における底質の極度の悪化と底生生物群集の動態−三河湾の事例−.水環境学会誌,34:47-55.
  • Koga A., M. Koriyama and M. Seguchi: Relationships between denitrification activity and environmental factors in the tidal sediment of the inner area of the Ariake Bay. Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, 29(2): 1-15.
  • 和久光靖・橋口晴穂栗田貴代金子健司宮向智興・青山裕晃・向井良吉・石田基雄・鈴木輝明:三河湾の浚渫窪地における粒子状物質の特異的な集積機構.海の研究,20:1-7.
  • 前田洋志・藤原 直:多摩川アユにおけるアユの遡上生態.海洋と生物,33(6):530-537.
  • 本西 晃花里匡史・青木雄二:多摩川アユ産卵場の地形および物理的特徴.海洋と生物,33(6):538-545.

【学会等】

  • 江里口知己・鋤崎俊二・中田喜三郎・プージタ ヤパ・平田敦洋・荒田 直:深海底から漏洩したメタンガスの挙動予測モデルの開発.第3回メタンハイドレート総合シンポジウム(CSMH-3).
  • 布施博之・鈴木敏弘・中村孝道・吉田光毅・沖田紀子・福場辰洋・藤井輝夫・鋤崎俊二平田敦洋・荒田 直:メタン検出に関わる膜結合型メタンモノオキシゲナーゼ関連遺伝子とその保持微生物について.第3回メタンハイドレート総合シンポジウム(CSMH-3).
  • 平田敦洋・畠山 孝・鋤崎俊二鈴木信也・荒田 直:メタンハイドレート開発においてメタン等が海洋生物に与える影響の評価.平成23年度海洋理工学会秋季大会.
  • 平田敦洋・畠山 孝・鋤崎俊二鈴木信也・荒田 直:メタンおよび低塩分水等が海洋生物に与える影響の評価.第3回メタンハイドレート総合シンポジウム(CSMH-3).
  • 石原靖文・眞岩一幸・平田敦洋・畠山 孝・矢部いつか:メタンハイドレート生産水の放出影響について.平成23年度海洋理工学会秋季大会.
  • 鋤崎俊二・江里口知己・中田喜三郎・平田敦洋・荒田 直:深海域から漏洩したメタンガスの挙動を予測するモデル(MEGADEEP)の開発.平成23年度海洋理工学会秋季大会.
  • Toyohara T., N. Okamoto, T. Kawai, T. Kodama and H. Shibasaki: Environmental Research for Assessing the Impacts of Mining Seafloor Massive Sulfides in Japan. The 30th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering(OMAE 2011).
  • 豊原哲彦・岡本信行:海底熱水鉱床の環境影響評価の検討状況と環境保全策のコンセプト.第22回海洋工学シンポジウム.日本海洋工学会/日本船舶海洋工学会.
  • Toyohara T., N. Okamoto: Concept of EIA and Conservation Strategy to Protect Biodiversity for Seafloor Massive Sulphides Mining. International Workshop on Environmental Management Needs for Exploration and Exploitation of Deep Seabed Minerals, ISA.
  • 吉田光毅・沖田紀子・布施博之・福場辰洋・藤井輝夫・鋤崎俊二平田敦洋・荒田 直:東部南海トラフ海域における硫黄ならびにメタン循環に係る微生物の分布.第3回メタンハイドレート総合シンポジウム(CSMH-3).