HOME > 業績 > 研究成果

研究成果





2017

(アンダーラインは弊社社員)

【論文等】

  • 新井 功: 東京湾湾奥部におけるハクライオウギガニの新規分布.南紀生物, 59(2): 156.159.
  • 平岡礼鳥奥 俊輔亭島博彦:形態的特徴とDNAバーコーディングにより同定された多摩川における外来淡水エビ, チュウゴクスジエビPalaemon sinensis(Sollaud, 1911).神奈川自然誌資料(in press).
  • Kobayashi, G., R. Mukai, I. Alalykina, T. Miura and S. Kojima: Phylogeography of benthic invertebrates in deep waters: A case study of Sternaspis cf. williamsae(Annelida: Sternaspidae)from the northwestern Pacific Ocean. Deep Sea Research Part II: Topical Studies in Oceanography(in press).
  • 田崎智晶・赤司有三・加藤敏朗・宮向智興今尾和正・鈴木輝明・高倍昭洋:海藻養殖の障害となる濁りの発生機構に関する研究.的矢湾奥伊雑ノ浦ヒトエグサ(Monostroma nitidum)漁場における研究事例.水産海洋研究, 81(3):245.258.
  • Watanabe, K., Y. Ishii, N. Komatsu, T. Kitamura, M. Watanabe, S. Yamamura, A. Imai and S. Hayashi: Growth rates and tolerance to low water temperatures of freshwater bacterioplankton strains: ecological insights from shallow hypereutrophic lakes in Japan. Hydrobiologia, 792: 67.81.

【学会等】

  • 平岡礼鳥奥 俊輔亭島博彦:SSP.PCR法による外来淡水エビPalaemon sinensisの種判別と環境DNAを用いた早期検出方法の検討.NPO法人野生生物調査協会第13回シンポジウム.
  • 平岡礼鳥奥 俊輔亭島博彦:SSP.PCR法による外来淡水エビPalaemon sinensisの種判別と環境DNAを用いた早期検出方法の検討. 日本甲殻類学会第55回大会.
  • 平岡礼鳥奥 俊輔亭島博彦:DNAバーコーディング法を用いた浮遊性魚卵の種査定.海洋理工学会平成29年度秋季大会.【ベストプレゼンテーション賞】
  • 小林元樹・向井 稜・三浦知之・Inna Alalykina・小島茂明:深海性ダルマゴカイ科環形動物の系統地理.日本動物分類学会第53回大会.
  • 小松伸行小海茉梨絵藤井大樹:多摩川河口で確認されたコアマモの生育状況.第18回東京湾シンポジウム(ポスターセッション)
  • 田井梨絵・江里口知己・亭島博彦: 東京湾海水中における生物利用可能性を考慮した銅のスクリーニングレベルの生態リスク評価.海洋理工学会平成29年度秋季大会.