HOME > 業績 > 研究成果

研究成果





1988

(アンダーラインは弊社社員)

【論文等】

  • 中田喜三郎・鋤崎俊二中根 徹:三河湾における沿岸性撓脚類の摂餌.公害,23.
  • 平川和正:北太平洋浮遊性沿岸性撓脚類,Acartia omorii(Acartiidae) 及び Oithona davisae(Oithonidae)のチリ南部水域からの初出現記録(英文).Bul.Mar.Sci.,42.

【学会等】

  • 小山利郎田中三郎服部洋子・井内美郎:水中懸濁物濃度分布からみた琵琶湖の体積モデル.日本陸水学会第 53 回大会.
  • 田中三郎小山利郎服部洋子・井内美郎:琵琶湖における水中懸濁物の粒度組成と植物プランクトン.日本陸水学会第 53 回大会.
  • 島本信夫・渡辺 淳今尾和正:2種類の石詰礁に出現する二次付着動物.日本水産学会春季大会.
  • 吉田裕之・島本信夫:カサゴの食性からみた石詰礁の餌料効果の検討.日本水産学会春季大会.
  • 平川和正:チリのフィヨルド水域から採集された浮遊性撓脚類,特に北太平洋産種の発見について.日本海洋学会春季大会.